動画の個別登録、分類整理


前ページ<<<   >>>次ページ

  1. 動画一つ一つの個別登録の例を示します。
    まず、douga.lzhよりダウンロードした『SL撮影(5月の晴れの日、田舎を走るSL).mpg』をドラッグインします。


  2. キャプチャの様子が表示された後、20画像が表示されます。
    (1) xxx秒で評価完了 保存したい画像を8枚まで選択可能です。
    8枚丁度の選択時に、上部メッセージ背景が黄色に、8枚を超える選択では赤色になり、選択しすぎが視覚的に分かりやすくなっています。
    (2) サムネイルクリック サムネイル画像をクリックしますとそこから動画が始まります。ザッピングパネルについては、別章にて説明をします。
    (3) 選択確定し保存画面へ進む 選択の確定。

    この画面でもコメントや評価レベルを入力することが出来るほか、タイムアウトで自動完了できます。
      またオプションソフトの、A! お好みシーン・プレイリスト拡張モジュール を利用すると、複数サムネイルを1画像に保存(マルチサム保存)し、かつ動画ショートカットも保存して簡便整理出来るほか、ザッピングパネルにて、サムネイルをフレームレベルで再指定できます。マルチサム画像は掲示板への画像Upにも利用できます。




  3. 画像の選択後、ここでコメントなどの追加が出来ます。
    また、必要あれば、動画ファイルを異なるフォルダへ移動することで、動画の分類整理が可能です。ただし、『既に登録された動画を分類整理する』という手法の方が一括処理できますのでこちらをお薦めします。
    (1) 評価レベル 動画ソートなどで、あとで利用することが可能。
    (2) コメント 動画コメント
    (3) 動画フォルダ フォルダをドラッグインすることで、動画ファイルを異なるフォルダへ移動することが可能。動画の分類整理に利用することが出来ます。
    (4) ローカル保存する 動画の登録の決定。



  4. このケースでは、あなたが動画の中身を確認して、動画を『C:\_動画分類\SL撮影』に移動することが出来ました。本アプリケーション内のパスも、そこを指しています。このようにすることで、動画を参照後に動画をフォルダ分類していくことが可能となります。なお上で述べましたが、『既に登録された動画を分類整理する』という手法の方が一括処理できますのでこちらをお薦めします。


前ページ<<<   >>>次ページ